多くの保険会社は丁寧と案内をしますが車の事故を起こしてしまったケースで完全にきちんきちんと対応してくれるか気になるところです。取り立てて電話で入る事が出来るダイレクト自動車保険と呼称するお店所持していたい自動車保険会社では相手が分からないということも心配になるかもしれません。でも通販型自動車保険と実際に店が存在する保険屋さんの取り組みにほとんど隔たりはありませんし通販型自動車保険のほうが人件費が削減できる分月々の掛金が安いので交通事故が起きなければ月々の掛金を安く抑えることが可能です。それでは自動車保険の会社において対応力に違いがあるかと聞かれればあります。その優劣は代理店型の自動車保険、ダイレクト系自動車保険といった差異ではなく、各々の自動車保険に応じて対応をする時刻や日にちが違うことが挙げられます。事故はどんな時に起こるか予想できませんので受付は24時間対処してくれるのは欠かす事のできない条件ですし土日や夜間にその事故処理がきちんとされているのかを調査することをお勧めします。業者によっては、24時間365日事故の受付という条件でも受付時間が平日と休日で異なっていて短くなっていることもありますので知っておくことをお勧めします。それとは別に、いざという時を考えて自動車の保険の会社の処理拠点も確かめておくことも忘れてはいけません。どれだけ自動車の保険会社でも事故対応拠点が少なければ処理に時間がかかるケースもあったりしますので、近くに対応拠点があるかどうかも事故の対応のちがいを検討するものさしのひとつです。大型の車の保険会社は区間ごとに事故処理拠点を持っているようなこともありますので連絡したときの対応も充実しておりその状況でする処置も的確に判断をくれると評価が高いです。